スポンサーサイト

スポンサー広告 --/--/--  ×   ×  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏んだり蹴ったり

EPSN4736.jpg


カバンから携帯を取り出そうとして、ポロッと落としちゃました。
高さは約1メートル、下はフローリングの床です。
ま、たまに起こりうる状況ですね。

この瞬間、考えます。
このまま床に落としたらマズイ…と。
なんとかして衝撃を和らげなければ…と。

R-D1s/ULTRON 28mm F2

(以下、無意味な話が続きます…)

.

手を伸ばしても、今からでは間に合わない。
そこで、多少なりともサッカーをやってた者としては、やることは一つです。
足で受け止めればいいんです。
まるでボールが足に吸い付くかのように、ピタリッと止めてあげれば…。

携帯の落下位置を確認しつつ足を伸ばす。
足に当たる瞬間、落下のスピードに合わせるように、ちょっと足を引いてやる。
そうすれば何事もなかったかのようにフワッと足の甲に乗っかってる。

…はずでした。

まず、落下位置を確認する。ここまでは完璧。
携帯の真下、床との間に右足が滑り込んでいきます。
あとは落下スピードに合わせて足を引いてやるだけ。
ここからが全くの予想外…。
てか、良く考えると自分にそんなテクニックなんてなかったんでした…。
むしろ落ちてきた携帯を蹴り上げるかのようにガツンと足の甲とぶつかる。
そのまま床に落ちるよりは、はるかに衝撃を受けたもよう。
足で跳ね上がった後、さらに床に落ちて転がる。

大きな音。…嫌な予感。

恐る恐る持ち上げてみる。
普段は黒一色な携帯なのに、黄色がチラッと見える。
今までも何度か落としてるけど、無傷だった携帯。
何かの見間違いかな?と気持ちを落ち着かせつつ再度見る。

黄色くなってる液晶。…ひび割れてる。……涙。

しかも伸ばした足は素足で、
当たったのが携帯の角と足の甲の固い骨のとこで、
めっちゃ痛い。

携帯は壊れるし、足は痛いし…
踏んだり蹴ったり、そんな一瞬の出来事。

唯一の救いは、割れたのが二つ折り携帯の表の液晶だけってこと。
時間や曜日の表示が見れなくなったけど、内側の液晶や、機能には問題なさそう。
携帯って修理できたっけ?最近の携帯高いから機種変する気にもなれないし、
当分このまま使おうかな。
可哀想なことをしました。ごめんよ、マイ携帯。



COMMENT









 

TRACKBACK http://craque.blog42.fc2.com/tb.php/1024-c984c22c

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。